ミニバン

slide_08

日本で流行っている車種

自動車の形態の一つであるミニバンは明確な定義はないのですが日本で流行っている車種の一つです。
座席数が多いのが特徴であり、7人乗りや8人乗りの車が多いです。
日本では1980年代に登場し、多くのメーカーがミニバンを開発するようになりました。

元々、ミニバンのような車は過去にも存在していたのですが当初はあまり流行らなかったです。
まず米国で人気が出て、その後に日本でもミニバンのブームが到来しました。
メリットは多人数が乗車できることであり、デメリットは燃費が悪いことです。

特にたくさんの子供を抱えている家族からの人気が高いのが特徴的です。
多人数で乗ることができるという最大のメリットを活かせるのはファミリー層のためです。
2000年代になると人気は落ち着いていくのですが、未だに根強い人気があります。

ミニバンの車内は開放感があり、普通の車であれば2台必要な人数であってもミニバンであれば1台だけで大丈夫です。
ブームになったおかげで価格が安くなり、手頃な価格で買えるようになりました。
セダンを買うよりもお得なケースもあります。

たくさんの人を乗せられるだけではなくて色々な荷物を積めることもできます。
女性でもミニバンを運転することが増えており、車種のバリエーションは豊かになっています。
乗り降りが楽であるため、お年寄りにはとても助かります。

車高が高いため遠くまで見通すことができて運転がしやすいです。
車内で着替えることもできます。
こちらではミニバンのメリットとデメリットについて詳しく解説されています。
>>ミニバンの長所・短所

ミニバンをおすすめできる層

まず子育てをしている方にとってはミニバンはとても便利な車種です。
たとえば家族で遠くまでドライブをする場合には車内のスペースが広々としているミニバンはとても助かります。
長時間のドライブであっても、子供は余裕を持って座ることができるため、ストレスが溜まることはないでしょう。

アウトドアへ出かけることの多い方にとってはミニバンは大助かりです。
たくさんの荷物を積めることができるため、気軽に出かけることができます。
大荷物を運ばなければいけなくなったとしても、ミニバンであれば楽に運べます。

オシャレなデザインをしたミニバンも登場しているため、若い方にもおすすめできます。
各メーカーがミニバンを出しており、自分が好きなメーカーのミニバンを選ぶことができるでしょう。
ただし、多人数で乗車する機会の少ない方にとってはミニバンを所有したとしてもあまりメリットを感じることはできないでしょう。

少人数しか乗車しないのであれば、デメリットが目立ってしまうため、そういう方は普通の車を選択した方が良いです。
これからもミニバンは多くのメーカーから販売されるでしょう。