ハイブリッド

slide_09

エコカーとして話題

ハイブリッドはエコカーとして話題になっており興味を持っている方はたくさんいるでしょう。
またハイブリッドとあるように動力源を複数持っているのが特徴的な車です。
ガソリンのみで走るのではなくて電気を使って動かすことができます。

とても燃費が良いのが特徴的であり、ガソリン代を節約することができるでしょう。
通常の半分程度にまでガソリン代を浮かせることができます。
エンジン音がとても静かである点も特徴です。

一般的にはガソリンと電気モーターを組み合わせたものが主流となっています。
海外ではディーゼルエンジンと電気を組み合わせたものや、バイオエネルギーと電気を組み合わせたものもあります。
車の中には発電機が入っており、これによって自家発電をしながら電力を蓄えて、それを併用しながら運転することができるのです。

似たような車として電気自動車と混同されている方が多いのですが、それとは異なります。
電気自動車の場合は基本的に電気モーターのみを使用しているのですが、ハイブリッドカーでは電気モーターと別の動力源を組み合わせています。
そのため、たとえハイブリッドカーであってもガソリンを使用することには変わりありません。

電気自動車のみだと非常に多くの電力を必要とします。
ガソリン車だとガソリンを多量に使うことになります。
ハイブリッドカーとはこの両者の中間に位置するものであり、これからも普及していくでしょう。
また、ハイブリッドカーについてはこちらで解説されています。
>>話題のハイブリッドの仕組みと特徴

どのような用途におすすめか

ハイブリッドカーのメリットとして、環境に優しくて燃費が良い点があります。
音が静かであり、エコカー減税を受けられるというメリットもあります。
走行性能は十分優れており、室内空間も必要なスペースは確保されているため、普段使いの車としてまったく問題ありません。

デメリットとしては多少価格が高めとなっている傾向があります。
ただし、かなりリーズナブルな車種も登場してきており、これからはどんどん安くなっていくでしょう。
ミニバンサイズとなると燃費に関して不満を覚える可能性があるかもしれません。

このような特徴のあるハイブリッドカーはさまざまな用途に適しています。
特に現在軽自動車を乗っている方にとっては、ハイブリッドカーに乗り換えたとしても乗り心地はほとんど変わりません。
地球環境のためにもなり日常的にエコを実践することができます。

今後は現在よりもさらに燃費の良い車種が誕生するでしょう。
これからの主流の車として市場に出回っていくことが予想できるため、今のうちに購入してハイブリッドカーに慣れておくと良いでしょう。